適えられる切望と適えられない夢の間でストレス始める日々を送っています

私の想いは役者になることです。けれども現実はそんなにいはいきません。普段は事務の仕事をしながら休みにボイス躾に通ったり活動していらっしゃる。
いわゆる二足の草鞋状態で此度、生活をしていらっしゃる。「役者になろう!」と決意したのが遅かったので此度20代下。正直に言うと此度どうしたらいいのか?そろそろどうしてすべきなのか?このまま想いにかけて突き進んで行って良いのか分からなくて近年激しく考え込むことが多くなりました。最近、姉に話した(お願いした)店頭「30年齢までに芽が出なかったら(何か行動が起きなかったら)諦めたら?」と言われました。内面でフッと腑に落ちた店頭もありますが、でもやっぱりなぁと諦められない心構えが半々で出てきました。30年齢という一段落でもっと潔く諦めるのも一案だとは思います。けど此度ままでますます想いに見て適えたい念願を30年齢になったからといってそんなに諦められません。そういった悶々とした心構えを持ちながら、今年ももはや締め括るのだろうなぁは思います。2016年始まるときに決めた目標に「役者になる」「歌の世界で何か仲間アクションを起こす」という志向を掲げましたが、今のままで進んだらこういう二つの志向は達成できずに今年も終わりそうです。ここまで長時間苦痛や、いかんせん、いかんせん?と書いてきましたが、まだまだあたいは歌に執着しているので、今から来季の志向を掲げたい・決めたいと思います。2017年来季こそは一歩前進する!何か「それ!」と決めるわけではなく、大まかに歌について前進したいと思います。http://blog.mindoverflow.info